larva_female_scanner

幼虫・女性・スキャナ

1999/12/01

at:Beyond The Century
site:Nagoya University of Arts Art&Design Center
date:Dec 1999

 

オオクワガタの幼虫を生きたままの状態で立体的にコンピューターへ入力し、3Dレンダリングソフトにより視覚化した映像と、オオクワガタの幼虫を生きたままの状態でフラットベットスキャナー上に置き、それを押し潰す様に女性が被い被さった様子をコンピューターへ入力し、プリントアウトしたものに二つのテキストを添付した。

larva・female・scanner
A live giant stag beetle larva was loaded into the computer three-dimensionally. An image visualized by the 3D rendering software and the giant stag beetle larva were placed on the flatbed scanner. A setting in which a woman covered the larva as she pressed it was scanned into the computer. Two texts were attached to the printed images.

 

 

02
臍は、母と繋がっていた。彼女は、腹部で虫を押し潰すことにより生命を連想させる「作品」の一部となった。臍の近くに幼虫が踞り、胎児を想わせる。その幼虫が動いていた様子を立体化した映像は命の脈打ちを喚起する。いくら変質させようとも生命はそこにいたのだ。なんつって。

Expected to become a highly valued imago, the giant stag beetle larva was cultivated. He became part of the “creation” of the human hands. Using the 3D scanner, the moving larva was reproduced precisely as a 3D computer graphic. The image of the larva being pressed on the flatbed scanner is recorded in detail. The life of an object is presented rather heartlessly, or whatever.

 

 

03
人間の価値判断により高価とされる成虫になることを嘱望され、養殖されたオオクワガタの幼虫。彼は、人の手により造り出された「作品」の一部となった。3次元スキャナーによって、動いている様子そのものを3Dグラフィックスとして正確に再現され、フラットベットスキャナーの上で人に押し潰された様子が克明に記録されている。モノとしての生命が冷徹に提示されている。なんつって。

The navel and the mother were connected. By pressing the larva with her belly, she became part of the “creation,” which reminded one of life. The hunched larva next to the navel makes one think of an embryo. The 3D representation of the moving larva evokes heartbeats. Regardless of what one did to change the larva, life persisted, or whatever.